RSS
 

ビタミンB12

神経系を正常に働かせる

●体内での働き
赤血球・白血球の産生に働く。核酸の合成を助ける。神経系を正常に働かせる。メチオニン代謝や葉酸の合成を助ける。

●不足すると
貧血。脱力感がありつかれやすい。舌がただれて痛む。口内炎。味覚が低下する。消化不良。食欲不振。無気力になる。記憶力・集中力が低下する。手足が痺れる。免疫力が低下する。(精神分裂などになりやすいと警告する生化学者が多くいます)

欠乏すると悪性の貧血になるのがビタミンB12です。これは造血のビタミンですから、女性は特に摂取を心がけたほうがいいと思います。

不足する人が多いのは、やはりレバーを食べなくなったからでしょう。血の滴るような肉を食べることでも摂取できますが、がんの方は肉類や油物は避けたほうがいいので、やはりレバー、ビール酵母、あとは昆布などで補給することをお勧めします。

玄米菜食を続けていると、ビタミンB12が取れなくて貧血気味になります。また頭が非常に冷静なほうにいきますが、反面やる気がで ず、物事を前向きに考えられなくなります。その落差を感じることができなくなり、ただ平坦な道を歩くような人生になってしまうのです。人生にアップダウン がなくなるので、頭も働かなくなります。