RSS
 

ビタミンB2

タンパク質の合成に働く

●体内での働き
発育と細胞再生を促進する。脂肪の代謝、過酸化脂質の分解、タンパク質の合成などに働く。粘膜を保護する。

●不足すると
エネルギーが不足し、発育と細胞再生が遅れる。目が疲れる。光がまぶしい。口内炎。舌炎。口唇炎。脂漏性皮膚炎。皮膚が日光に過敏になる。顔に油がにじみやすい。肛門、陰部がただれる。疲れやすい。貧血。

ビタミンB2は脂肪の燃焼やタンパク質の合成に必要なビタミンです。分解・消化・吸収されたアミノ酸をタンパク質に再び作り直すとき働くのですが、これは肝臓の解毒作用にも深く関わります。

不足すると目がやけにまぶしく感じられたり、口の周りの柔らかい部分が腫れてきたりします。脂漏性皮膚炎、口内炎、舌が熱い・痛 い、熱が出て唇がカサカサに荒れる、目の両脇に脂がたまるといった症状もビタミンB2不足が考えられます。また、顔がいつもてかてか光っている人、脂焼け している人もビタミンB2不足と考えられます。

ビタミンB2も多くの人が欠乏しています。ラーメン、ケーキ、チョコレート、缶コーヒー、菓子パンばかり口にする食生活なら、まず間違いなくビタミンB2が足りないはずです。これもビール酵母やレバーでの補給を考えるべきでしょう。