RSS
 

食事療法とは

食事療法とは、毎日摂取する食事を変えることにより がんや糖尿病、アトピー、高血圧などの様々な病気に挑む療法の事を言います。

 キャンサーセラピーと言う本には、以下のような記述があります。

「現代の食事は悪い方向に向かっていて、ガン発症の一因となっているということです。私たちはだいたいにおいて食べ過ぎていますし、飽和脂肪、たん ぱく質、カロリーなど、多すぎれば体に悪いものをたくさん食べています。また、食べ物をあまりにもいろいろと処理・加工するようになった結果、食べ物本来 の栄養を損 ねる結果を招いています。ガンを予防し、悪化を防止するため、次の条件を満たす食事をすべきです。
●自然に栽培された新鮮な作物を、出来る限りまるまる全部、生で食べる。
●飲用・料理用にはミネラルウォーター・精製水を使い、水道水は避ける。
●家で職場で、空気・食べ物・水分中の発ガン物質や毒性物質にふれないように配慮する。」

キャンサーセラピー
1997年6月29日 第一般第一刷発行
著者 ラルフ W モス
監修 金ヶ崎 史朗
発行所 (株)菜根出版
ISBN 4-7820-0131-2

さ て、森山晃嗣は、ロジャー・ウィリアムス博士から栄養素は単独では働かない、チームで働くという「生命の鎖理論」を学び、 同時にパアボ・エーローラ博士の野菜、果物ジュースによる体内浄化と自然療法の在り方を学び、マックス・ゲルソン博士のがんの食事療法を学び、実践する機 会を得ています。

正常分子栄養学と、それらの食事療法を元に、日本人の体のつくり、日本の農環境にあわせた食事療法を提案しています。

NPO法人がんコントロール協会では、森山晃嗣の各種講座や、ガンや難病の無料相談もしています。

上記フリーダイヤルは、携帯電話からもお問い合わせ可能です。

がんコントロール協会のWEBサイトはこちらをクリック