RSS
 

温熱波動療法について

身体を芯から温めれば 血液の流れ」がよくなり、芯から健康に!!

身体が冷えると血液の流れが悪くなり、さまざまな症状が現れてきます。 目の疲れ・肩こり・腰痛・手足のむくみ・内臓機能の低下・便秘・生理痛・生理不順・不妊症・胃腸障害等々です。さらに交感神経が緊張してリラックスできに くくなり、ストレスが解消しない事も考えられます。そこでお勧めしたいのが、身体を温め、ぐっすり寝る事。特に風邪を引きやす・頭痛がよくある・頑固な便 秘や肩こり・疲れが取れにくい・・・という方は、ボタニック・ラボラトリーの温熱セラピーで、身体を芯から温めてください。

私たちの身体の70%は水分です。そして水分子には、エネルギーを蓄える力があります。
その作用を利用しているのが、ボタニック・ラボラトリーの温熱セラピー。水分子に反応する6.27ミクロンの温熱波動を使い、身体をただ表面から温めることなく、水分子の振動エネルギーによって芯から温めます。だから回復能力がぐんとアップするのです。

もともと温熱療法は、熱に弱い癌の性質に着目して開発された療法で、今、世界中で注目されているものです。ドイツ最大の代替療法クリニックであるセント・ ジョージ・ホスピタルからは、温熱療法の優れた効果を証明する臨床結果が報告されています。それは、さまざまな治療をしても効果がなく、最後に同ホスピタ ルを訪れた末期膵臓癌の患者さん157人についてのものです。温熱療法と栄養療法、免疫療法などに用い、並行してホルモンと抗癌剤の投与を行ったところ、 完全に治癒した人が17%、ある程度よくなった人が、45%でした。患者さんの病状を考えると、これはとても優秀な結果です。

温熱療法の基本的な考え方はとてもシンプルです。人間が、1日活動すると細胞エネルギーが低下します。その低下したエネルギーを、私たちは食事・睡眠・休 息などによって回復させているのです。だから回復能力が低下すると、朝起きられない、疲れがとれないなどの不調を感じるようになり、それを放置していくと病気にまで至ってしまいます。 だから、健康のカギは回復能力を高めることなのです。そのためには身体を芯から温め、血液の循環をよくする必要がある。 その具体的な方法が温熱療法なのです。

ボタニック・ラボラトリーの温熱療法も同じ発想ですが、「身体を芯から温めるのにはどうすればよいか」を、体内の水分にフォーカスした点が特色があるわけです。

温熱波動療法教室について