RSS
 

雑穀入り玄米(がん患者さんのための食事レシピ)

雑穀入り玄米

【材料】

  • 玄米 2カップ
  • 雑穀米 1カップ
  • 水 5カップ (玄米1カップに水2カップの割合)
  • おいしいだし 大さじ1
  • あればミネラル液 大さじ1/2

【作り方】

  1. 玄米と雑穀米は洗って、玄米に3時間以上つけておく

    雑穀入り玄米1
  2. 玄米を炊く直前に、おいしいだしとあればミネラル液を加えて中火にかける



  3. 玄米を炊く直前に、おいしいだしとあればミネラル液を加えて中火にかける
  4. ふたを取り、一度かき混ぜる。
  5. 再度ふたをして、下がった温度を上げるため中火に30秒かける
  6. 10分蒸らす

    ・ 雑穀米を入れなくてもよい
    ・ 他に大豆、小豆、黒米、ひよこ豆など豆類、サツマイモ、里芋のイモ類 ひじきなどを加えて炊くのも美味しい。
    ・ おかゆは水を増やして5,7,10倍がゆにして上記と同様に炊く

レンコンサラダ(がん患者さんのための食事レシピ)

【材料】

  • レンコン 1本
  • トマト 2〜3個
  • 大葉 10枚  

【作り方】

  1. レンコンは無農薬であれば皮をむかずに良く洗い4等分にしていちょう切りのスライスにする
  2. 水にさらさず無水鍋にレンコン、水大さじ1〜2を入れ、フタをして中火にかけ 蒸気が上がれば、弱火にして、5分くらい歯ごたえを残して蒸し煮する
  3. トマトは4等分に士、スライスする
  4. 大葉は細切りにする
  5. レンコンのあら熱がとれたらトマト、大葉を混ぜる
  6. そのままでも美味しいが、バルサミコ酢をかけても良い。

サツマイモとリンゴの重ね煮(がん患者さんのための食事レシピ)

【材料】

サツマイモ 1〜2本

リンゴ 1〜2個

レモン汁 1個分

(あればお好みで)レーズン 大さじ 1〜2

【作り方】

1.無水鍋にリンゴをイチョウ切りにして入れる。(水にはさらさない) また、無農薬リンゴなら、皮はむかない

2.サツマイモを0.5mm程度の輪切りにして水に3分くらいさらしておく

3.レモン汁をリンゴにかける

4.その上に、水を切ったサツマイモをのせ、水にさらしたレーズンの水を切り上に振り掛ける。

5.フタをして中火にかけ、蒸気が上がれば弱火にして10から15分、サツマイモに日が入れば出来上がり リンゴの種類によって、汁が出る場合は、中火でフタを取り水分を飛ばすと良い