RSS
 

正常分子栄養学について

正常分子栄養学とは、森山晃嗣が提唱する栄養学です。

 森山晃嗣は、栄養素療法によって病気を克服した体験をきっかけに、米国医大通信講座で分子矯正医学(Orthomolecular Medicine)を学びました。また、分子生物学を学び、それぞれの考えを取り入れ、正常分子栄養学と称し講演活動や健康相談にのってまいりました。

 正常分子栄養学とは、簡単に言うと、
「私達が食べ物によってどのような分子を体に摂りいれれば細胞が正常になるのだろう」と言うことを考える栄養学です。

私達の身体は、自分が食べたもの、飲んだもの以外のものから・・・

  「私達の身体は、自分が食べたもの、飲んだもの以外のものからは何ひとつつくられません。これは学問的に真実です。」
Dr. Roger. J. Williams

ロジャー・ウィリアムス博士はこの言葉で栄養や食事のことを端的に伝えています。

ロジャー・ウィリアムス博士とは?

 ロジャー・ウィリアムス博士は、水溶性ビタミンB複合体の一種であるパントテン酸の発見者です。 また、近年、妊婦や乳幼児を持つ女性が摂ったほうが良いと言われている、葉酸の名付け親でもあります。 ウィリアムス博士は、「生命の鎖」という栄養バランス理論を展開しております。

 ウィリアムス博士は人間が成長し、生命を維持するために必要な栄養物質として次のものを挙げています。

【主要ミネラル】
カルシウム、マグネシウム、カリウム、ナトリウム、リン、塩素、硫黄

【微量ミネラル】
鉄、銅、亜鉛、コバルト、セレン、クロム、マンガン、臭素、フッ素、ケイ素、ヨウ素、モリブデン

【ビタミン】
ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB3、ビタミンB5、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、リノール酸、ビタミンH、ビタミンK、ビタミンM、コリン

【必須アミノ酸】
イソロイシン、ロイシン、メチオニン、スレオニン、バリン、リジン、フェニールアラニン、トリプトファン

 以上の、42種がウィリアムス博士が「生命の鎖」とする栄養物質です。

その後、栄養学は研究が進み・・・

 森山晃嗣は、1977年にロジャー・ウィリアムス博士と出会い、この「生命の鎖」理論を学びました。

その後、栄養学の研究が進み、「生命の鎖」理論ではビタミン、ミネラル、アミノ酸などの分類が変わり、ミネラルは10種類も増え、脂肪酸についても分類ができております

 まず、ビタミンは、以前ビタミンFとも呼ばれていたリノール酸が脂肪酸の分類に入り、ビタミンB15、ビタミンB17が加わりました。
また、ミネラルは、主要、微量あわせて19種類が、現在では、微量ミネラルがさらに10種増え29種が必須とされています。

【追加された微量ミネラル】
ルビジウム、鉛、アルミニウム、カドミウム、ホウ素、バナジウム、ヒ素、錫、ニッケル、リチウム

なお、重ねてお伝えしますが、上記は、ロジャー・ウィリアム博士の提唱する「生命の鎖」理論でのミネラルに関する認識であり、日本ではまだまだ上記のようにはなっておりません。

 それ以外に、「生命の鎖」理論では、必要な栄養物質として、以下の4つの脂肪酸が追加されました。

【必須脂肪酸】
飽和脂肪酸、オメガ3、オメガ6、オメガ9

「体質」って何ですか?

 さて、それでは、私達の体のことに話を移していきましょう。

 私達は、
「私は太りやすい体質だから・・・」
とか
「子供がアレルギー体質で・・・」
というように、
「体質」 と言う言葉をよく用います。


一緒に考えてみましょう。
「体質」とは、何でしょうか?
体の質?
「その通りです。字の通りですね。」

「遺伝」や「親から引き継いだもの」??

そういう認識も世の中では広く言われています。

しかし、広辞苑などで調べてみると、
「遺伝と環境の相互の作用から生まれる身体の機能気質」
と定義されています。

「遺伝の作用」と言うのはなんとなくわかりますね。
では、 環境の作用というのは、どうでしょう?

「環境の作用」と言うのは生まれた後の、食事や運動などの生活全般の環境の作用と考えられるのではないでしょうか。

つまり、
「私は太りやすい体質だから・・・」
とか
「子供がアレルギー体質で・・・」
というように、
「生まれつきだから仕方ない」
と言うようなことはまったくありません。

体質とは、
その人の健康レベルであり、その人の器官や組織を作り上げている細胞の質によって決まるものなのです。

私達の身体は約60兆個の細胞から構成されています。

 人間は、お母さんのおなかの中で、1個の受精卵から細胞分裂を繰り返し、20歳前後には約60兆個の細胞を持つまでに成長します。それらの細胞は、5,6歳の子供では皮膚なら28日、胃なら200日、骨なら7年というそれぞれの周期で新陳代謝を繰り返しています。

 先ほど、体質とは、「その人の器官や組織を作り上げている細胞の質によって決まる」と言いましたが、つまり、器官や組織は、それぞれ個々の細胞から成り立っています。

 つまり、1個1個のそれぞれの質を持った細胞が約60兆個分だけ集まり、それが全身として、1つの体質を作っています。

必須アミノ酸

ロイシン

栄養成長にかかすことができない、血液中のヘモグロビンの主要な構成要素。脳の働き、筋肉のエネルギーを高める。

トリプトファン

生命維持する上で必須のアミノ酸。若々しい皮膚・艶やかな毛髪、造血ビタミンB3を作るうえで欠かせない。特に成長期には必要。記憶力・集中力を高め、うつ病を抑えたり安眠に関わる。

イソロイシン

栄養成長および知能の発育に欠かせない。

リジン

身体の成長要素の大部分はこれに依存している。血液はこのリジンに養われ抗体を形成する。このアミノ酸が不足すると消化液の分泌や副腎機能は正常に働かず、成長が遅れ脂肪燃焼が低下する。

バリン

頭脳活動に活力を与え、情緒の安定を保つ上で欠かせない。

メチオニン

肝臓の働きに大きな影響を与える肝臓や腎臓の細胞の再生にこのアミノ酸が必要。肝臓から毒性のある老廃物を取り除き余分な脂肪を結合し、肝臓を保護する。また、脱毛防止作用あり。

スレオニン

消化器官はこれにより円滑に機能する。成長増殖に必要で新陳代謝や同化作用を進行させる。

フェニアラニン

甲状腺のチロキシンというホルモンは神経活動を始動させ精神の安定を助長させる。血管の保護効果あり。ノルアドレナリン・アドレナリン等の原料になる。

ビタミンA

粘膜や皮膚を正常に保つ

●体内での働き
粘膜や皮膚を正常に保つ。網膜中のロドプシン(光の明暗を感受するための物質)の主成分。ステロイドホルモン、性ホルモンを生成する。成長を促進する。

●不足すると・・
目が光を感受する機能が低下する。ドライアイ(眼球乾燥症)、夜盲症になりやすい。皮膚が乾燥してかさつく。脱毛しやすい。爪がもろくなる。歯が弱くなる。胃腸が弱る。慢性の下痢。免疫力が低下する。

ビタミンAについては、ロジャー・ウィリアムス博士が自著「からだの機能を開発する・あなたの中のすばらしい世界」(泉谷希光・監訳、中央公論社)で恐るべき警告を発しています。日本人にとっても重要な警告だと思います。

ビタミンAは、その名が示すように最初に発見されたビタミンの1つです。ビタミンAは、初めにラットの成長と発育に必要であるこ とが発見されました。 次に述べる実験は、たくさん子を生む雌豚でお行わなければなりませんでした。妊娠初期の雌豚にビタミンA欠乏の食餌を与えました。11匹の豚の腹の中の子 豚はみんな眼球なしに生まれました。またほかの以上も見つかりました。口蓋裂、唇裂、耳の奇形、腎細胞の扁平異常などです。研究者たちはビタミンAの欠乏 だけでこの以上が生じるかどうかを確かめるために、同じ動物の二度目の妊娠前にビタミンAを大量に加えた餌を与えました。その結果は劇的でした。腹の子に は全く異常はありませんでした。(ラットが最もよい状態で繁殖するには、単に平均的な健康と正常な視力を維持するための必要な量の約20倍ものビタミンA を必要とすることに注目してみると興味があります)。

幸いにも人間では、妊娠中の母親が雌豚に与えたようなビタミンA欠乏の食事を摂るようなことは、おそらくありません(森山晃嗣 注・これは50年前のアメリカでの話です。今の日本でのビタミンA不足は深刻だと私は思います)。そこで眼球のない人間の赤ちゃんが生まれる見込みは、ほ とんどありません。しかし、もしビタミンAのひどい欠乏が眼球欠損のようなおそろしい奇形の原因になりうるとしたら、軽い欠乏(しばしば生じている)は、 明らかに重大な問題にならないとしても、ついには重大な問題を引き起こすような欠陥の原因になる可能性は充分あります。

ビタミンB1

精神を安定させる

●体内での働き
糖質をエネルギーに変える。脳や神経伝達機能を正常に保つ。精神を安定させる。

●不足すると
エネルギーが不足する。神経の働きが低下する。心機能不全、抹消中枢神経病、筋肉虚弱、脚気、胃腸機能不全などを起こす。食欲不振。だるい、疲れやすい。手足が痺れる。

ビタミンB1と聞くと最初に脚気を連想する人も多いのではないでしょうか。今の時代に脚気にかかる人は少ないと思われがちですが、栄養の面から考えると、かえって増えているのではないか、増えていて当然ではないかと言う気がします。

脚気は昔”江戸患い”と呼ばれていて、江戸に住むお金持ちの商人がよくかかる病気でした。当時、武士や庶民の間で米といったら玄米 が当たり前の時代。ですが裕福な商人だけは精米して、今の私達と同じような白米を食べていました。そうした人々が患いやすいのが脚気だったのです。

脚気は体に力が入らない、集中力がないといった症状から始まります。その状態が長く続くと、次第に筋肉が痙攣し始めます。心臓の筋肉が脚気を起こす心筋脚気のように、痙攣を起こして死んでしまう場合もあります。

今は白米をはじめパン、うどんなどを主食にしている人がほとんどです。表面にはあまり出てきませんが、実は日本中に脚気の人がいると思います。毎日の生活の中でエネルギーが出なくて、いつもくたびれ果てている気がしたら、あなたは脚気かもしれません。

忍耐力がないとか、いわゆる「すぐキレる」というような性格はカルシウム不足だとよく言われます。しかしカルシウムだけではありません。ほかのミネラルや、ビタミンの中ではビタミンB1も足りないのです。

ビタミンB1が足りないといっても、だったら栄養ドリンクを飲めばいいというわけではありません。栄養ドリンクはビタミンB1も配合されていてかなり売れていますが、まずは「白いものをなるべく摂らない」という食の基本を実践する必要があります。

この「白いもの」というのは白米もそうですが、例えば白砂糖もあります。缶コーヒーはもちろんパン類、寿司飯や福神漬けにも白砂糖が入っています。こうしたものはビタミンB1を過剰に消耗させてしまうのです。

では、このビタミンB1の補給をどのようにすればいいかと言うと、まずは玄米を食べ始めるといいと思います。白米では取り除かれて いるヌカにビタミンB1が豊富に含まれているからです。もしも玄米が嫌いだったり、品質の良い玄米が手に入らないというのであれば、ニンニクやビール酵母 といったものを利用したほうがいいと思います。

このビタミンB1をしっかり摂取することで、血液循環が良くなったり、疲れが取れたり、腸の働きがよくなって便秘が解消されたりします。

また頭の働きがなんとなくスッキリとして、物事を前向きに考えられるようになることもあります。よく冗談で「B足りん(ビタミンB が足りない)はノータリン(脳足りん)」といったりしますが、ビタミンB1は「道徳のビタミン」という別名があり、脳の働きに関係の深いビタミンの代表格 なのです。

ビタミンB2

タンパク質の合成に働く

●体内での働き
発育と細胞再生を促進する。脂肪の代謝、過酸化脂質の分解、タンパク質の合成などに働く。粘膜を保護する。

●不足すると
エネルギーが不足し、発育と細胞再生が遅れる。目が疲れる。光がまぶしい。口内炎。舌炎。口唇炎。脂漏性皮膚炎。皮膚が日光に過敏になる。顔に油がにじみやすい。肛門、陰部がただれる。疲れやすい。貧血。

ビタミンB2は脂肪の燃焼やタンパク質の合成に必要なビタミンです。分解・消化・吸収されたアミノ酸をタンパク質に再び作り直すとき働くのですが、これは肝臓の解毒作用にも深く関わります。

不足すると目がやけにまぶしく感じられたり、口の周りの柔らかい部分が腫れてきたりします。脂漏性皮膚炎、口内炎、舌が熱い・痛 い、熱が出て唇がカサカサに荒れる、目の両脇に脂がたまるといった症状もビタミンB2不足が考えられます。また、顔がいつもてかてか光っている人、脂焼け している人もビタミンB2不足と考えられます。

ビタミンB2も多くの人が欠乏しています。ラーメン、ケーキ、チョコレート、缶コーヒー、菓子パンばかり口にする食生活なら、まず間違いなくビタミンB2が足りないはずです。これもビール酵母やレバーでの補給を考えるべきでしょう。

ビタミンB3

脳神経の働きを助け血液循環を良くする

●体内での働き
酸化還元反応、エネルギー生産、脂肪酸合成に働く。各種ホルモンやインシュリンの合成、細胞増殖、薬物代謝に関与する。脳神経の働きを助け、血液循環をよくする。

●不足すると
エネルギーが不足して疲れやすい。ペラグラ皮膚炎。皮膚病や下痢を起こし、精神に異常をきたす。皮膚の水泡や痒み。食欲不振。イライラしやすい。興奮しやすい。不眠。頭痛。忘れっぽくなる。

ビタミンB3不足はペラグラと言う病気に注意が必要です。この病気はまず皮膚の状態がおかしくなって次に胃腸が悪くなり、何となくイライラしたり物忘れが激しくなったりしたあと、最後は狂って死んでしまうという病気です。

とうもろこしを主食にしている発展途上国ではこのペラグラのために、多くの人が命を落としています。ビタミンB3はタンパク質のト リプトファンという必須アミノ酸があれば作れるのですが、トウモロコシにはトリプトファンが含まれていません。トリプトファンが多く入っている食物の代表 は牛乳で、それをトウモロコシと混ぜてコーンポタージュスープが誕生したようです。

ビタミンB3も私達に非常に関係のある現代人に欠乏しているビタミンです。

ビタミンB5(パントテン酸)

自律神経伝達物質の産生に働く

●体内での働き
エネルギー生産に働く。脂肪の分解・合成に働く。コレステロール、副腎皮質ホルモン、性ホルモンの合成に働く。自律神経伝達物質の産生に働く。免疫抗体の産生に働く。解毒に働く。血糖値の調整に関与する。

●不足すると
エネルギーが不足して疲れやすい。怒りっぽくなる。無気力になる。居眠りをする。 ストレスがたまりやすい。自律神経の働きが乱れる。食欲不振。胃腸の働きが鈍る。血圧低下。手足の痺れ。足裏が熱い。

かつてパントテン酸と呼ばれていたビタミンB5は、ロジャー・ウィリアムス博士が発見しました。全身のあらゆるところで働いている栄養素です。

ビタミンB5が欠乏すると怒りっぽいとか喧嘩っ早いということから始まり、急にふさぎ込んだり無気力になったり、非常に孤独を感じて人生に不満を抱いたりするようになります。

さらに居眠りをしやすくなる、目の下にクマができるなどの症状もあります。都内の電車で眠っている人が増えたのは、ビタミンB5のせいではないでしょうか?

ビタミンB6

アミノ酸代謝の主役

●体内での働き
タンパク質代謝(アミノ酸代謝)の主役として働く。インシュリン合成に働く。核酸合成を助ける。抗体の産生を助ける。神経伝達物質の合成に働く。

●不足すると
タンパク質の代謝が低下する。成長が遅れる。脂漏性皮膚炎。湿疹。口内炎。舌炎。唇が荒れる。抜け毛やフケが多い。神経過敏。不眠。疲れやすい。手足が痺れる・痙攣する。貧血。食欲不振。

ビタミンB6も大変に重要なビタミンです。欠乏するとひきつけや癇癪がおきますし、またインシュリンホルモンを作れなくなってしまうため、糖尿病になってしまいます。

さらに成長が遅れる、神経炎をいつも起こしやすくなる、ビタミンB2と同じように脂漏性皮膚炎を起こすといった可能性があります。そして核酸を作るための原料として、大事な栄養素です。

何より重要なのは、欠乏すると動脈硬化を引き起こしやすいということです。

これは卵に含まれるメチオニンという必須アミノ酸を代謝できなくなるからです。卵を食べ過ぎると動脈硬化になりやすいのですが、ビ タミンB6が不足しているとそれが悪化しやすくなりますし、反対にビタミンB6を充分に摂取していれば、卵を食べていても動脈硬化を防ぐことができます。 (ビタミンB12と葉酸も同時に必要です。)

また、タンパク質を皮膚や粘膜に利用しにくくなる、髪に栄養がいかなくなるなどの弊害もあります。

タンパク質をきちんと摂っていても、ビタミンB6が欠乏すると、メチオニンからホモシスティンというものに変わりません。さらにホ モシスティンからシスティンにも変わりません。毛髪や皮膚はシスティンからできていますから、ビタミンB6の欠乏は皮膚からなにから全てに影響してしまう わけです。

ビタミンB6は、神経にも関わるビタミンです。したがって足りないだけで体が痺れますし、欠乏すると痙攣が起きます。顔面神経痛のように、筋肉が痙攣するようなこともあります。

このような症状が出てきても、医師が何も知らずに難病や不治の病だと診断することがあります。単なるビタミンの欠乏なのですから笑ってしまうような話ですが、医師は栄養面から見ていないので、深刻な患者が増えてしまっているように思えます。

なお、ビタミンB6は、ラーメン屋アルコールをよくとる人が不足しやすいようです。

ビタミンB12

神経系を正常に働かせる

●体内での働き
赤血球・白血球の産生に働く。核酸の合成を助ける。神経系を正常に働かせる。メチオニン代謝や葉酸の合成を助ける。

●不足すると
貧血。脱力感がありつかれやすい。舌がただれて痛む。口内炎。味覚が低下する。消化不良。食欲不振。無気力になる。記憶力・集中力が低下する。手足が痺れる。免疫力が低下する。(精神分裂などになりやすいと警告する生化学者が多くいます)

欠乏すると悪性の貧血になるのがビタミンB12です。これは造血のビタミンですから、女性は特に摂取を心がけたほうがいいと思います。

不足する人が多いのは、やはりレバーを食べなくなったからでしょう。血の滴るような肉を食べることでも摂取できますが、がんの方は肉類や油物は避けたほうがいいので、やはりレバー、ビール酵母、あとは昆布などで補給することをお勧めします。

玄米菜食を続けていると、ビタミンB12が取れなくて貧血気味になります。また頭が非常に冷静なほうにいきますが、反面やる気がで ず、物事を前向きに考えられなくなります。その落差を感じることができなくなり、ただ平坦な道を歩くような人生になってしまうのです。人生にアップダウン がなくなるので、頭も働かなくなります。

ビタミンB15

心臓病・狭心症の治療に効果をもたらす